ホーム » OutSystems » 【OutSystems】テンプレートの作り方

【OutSystems】テンプレートの作り方


OutSystemsでは、アプリケーションを新規に作成する際に1つのテンプレートを指定することが可能です。ただし、最初から用意されているものや、FORGEで公開されているSilk UIをベースにしたものなどいくつか存在しますが、これらを使用せず、組織で共通のスタイルなどを定義した独自のテンプレートを作成することが可能です。

このテンプレートを作る簡単な方法としては、既存のテンプレートをコピーして、それをカスタマイズすることが手っ取り早いでしょう。

なお、OutSystemsでテンプレートと認識されるためには以下のような条件があります。

  • モジュール名は、「Template_{name}」という名称にしなければならない。
  • 必ずTemplate_{name}モジュールにアイコンを指定しなければならない。
  • 必ずTemplate_{name}モジュールのDescriptionを指定しなければならない

これらが満たせていないモジュールはテンプレートとして認識されず、アプリケーションの新規作成画面で指定できるテンプレートの一覧に表示されません。
また、モジュール名のTemplate_{name}の「{name}」の部分が、テンプレート名となります。

テンプレートは、アプリケーションの新規作成時に指定したテンプレートがそのままそのアプリケーションにコピーされます。そのため、後からテンプレートを編集しても、アプリケーションには反映されないため、注意が必要です。

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA